フォトブックの自由度って?

口コミ情報でよく見かける言葉が、
『フォトブックの自由度は良いですよ。』ってこと。

ですが始めてフォトブックを作成しようとするかたは、
ピーンとこないと思いますし、
私も初めて作成した時は意味がわかりませんでした。

まず、作業環境で言えば、macやwindowsなど、
どのOSにも対応していたり、
専用ソフトをわざわざダウンロードする必要があるのか?といったことですね。

これはあなたのパソコン環境にもよるので、
光回線などの高速回線であればさくさくインストールできるでしょうし、
ADSLでは専用ソフトをインストールするにも時間がかかるかも知れません。

といっても・・・、
ダウンロード不要のAdobe Flash Playerを用いた
WEBブラウザーにも、写真をアップロードする作業があり、
回線環境に左右されます。

次に、フォトブック編集ツールのレイアウトや操作性などでしょう。

写真のサイズを自由に変えることができたり、
縦横の配置が自由に出来たり、
入力したい文字の字体や場所が選ぶのに迷うほど
自由に選べることができて、イメージ通りのフォトブックに仕上げるのに
制限が無いということですね。

2~3度同じフォトブック会社で作成していれば、
慣れがあるでしょうけれど、始めて使う場合は
制限があるとソフトの癖をつかめないことで、
思い通りに作業できずに嫌気はさしてきますからね。

ですから、主に編集ソフトの癖の少ない、
まるでスマートフォンを操作するような
直感的に作業の出来ることも加わっています。

以上の点において、ストレスを感じにくいのが
自由度の良いサービスとされています。

 

【一言コメント】
個人的に、”自動レイアウト”機能は不要なような気がします。

理由は、ファイル名で並ぶ順番が決まってしまうため、
お気に入りの順番に並べようとすると
事前のリネームの作業が必要になり
面倒に思えて仕方がないからです。。。

 

>>自由度が高くて人気なフォトブックは、こちら ← クリック