データは消えたら終わり!スマートフォンで撮った写真を素敵に残そう!

従来から、携帯電話のカメラ機能を活用している人は多くいましたが、 スマートフォン(以下、スマホ)になってさらにそれが加速しているように思います。 子どもの入学・入園・卒業・卒園をはじめ、 結婚式や運動会など一生の思い出となる場面でも、 一眼レフやデジタルカメラではなく、スマホを構える人が増えています。

また、ブログにでも載せるのでしょうか。 出かけた先や、出てきたお料理など何でも撮る人も見かけますね。

さて、そうやって撮った写真は皆さんどうしているのでしょうか?

こまめにプリントしていますか? 結構、ためっぱなしという方もいるのではないでしょうか。

スマホで撮った写真の保存に、フォトブックはいかが?

スマホで撮った写真は、プリントアウトをするというオーソドックスなやり方の他に、 メディアやパソコンに保存しなおす、短期間で削除などの方法があります。 しかし、プリントアウトした場合は台紙に貼る作業、 メディアに保存する場合はその作業と、 保存後どうするのかという問題など、何かと面倒なことも。

だからといって、一生の記念になる写真を放置するのはもったいないもの。 大事な写真の感動を、手に取って見られる形にしてくれるフォトブックは、 スマホで写真を撮る方におすすめのツールです。

フォトブックの注文にはアプリを使用

スマホからのフォトブックの注文は、アプリをインストールすることで行えます。

ということで、フォトブックを注文できるアプリを探してみると、 実に種類がいっぱいです。 ほとんどのフォトブック注文アプリは無料なので、 お試し感覚でいろいろインストールしてみるのもよいですが、 数があるのでよっぽど時間がないと、 好みのものを見つけるのは雲をつかむような話になってしまいます。

フォトブックのアプリを選ぶポイント

アプリを選ぶことは、注文するフォトブックを選ぶことに他なりません。 そのためには、フォトブックに求めることをはっきりさせなければなりません。

大きく分けてフォトブックは2つのタイプに分けられます。 一つは、お手頃価格でとにかく簡単や、速さを売りにしているもの。 もう一つは、テンプレートもたくさん、編集機能もたくさん、 画質もよく、書店で売られている写真集のようなクォリティーを実現するものです。

これらを踏まえたうえで、 こだわりポイントを絞ってフォトブック注文アプリを探してみましょう。

今、注目のフォトブック注文アプリ

最後に、今、注目されているフォトブック注文アプリをご紹介いたします。 紹介されている中には、OSにより使用できないアプリもありますので、 お手持ちのスマホをご確認ください。

○TOLOT

A6サイズ、64ページのみの取り扱いで、 送料・税込み500円という低価格を実現。 自動編集機能はありますが、アプリを使用してカスタマイズすることができます。 この低価格で、表紙の種類が豊富にあるのはうれしいポイントです。

http://tolot.com/

○ネットプリント ジャパン(500円フォトブック)

ネットプリントジャパンが提供するアプリ。 複数のテンプレートがあり、1ページに複数の写真を載せられるのがポイントです。 コメントを好きな場所に入れられるのもうれしいですね。

https://netprint.co.jp/

○ノハナ(nohana)

ミクシィが提供するアプリ。 毎月1冊無料(ただし、送料がかかります)という、 とにかくリーズナブルなのがポイント。 パソコンには対応していない、スマホ限定のサービスです。

http://www.photoback.jp/

○photoback

大型サイズの商品はアプリに対応していませんが、 通常の印刷より2色多い6色印刷を採用している商品もあり、 画質にこだわりたい人は注目です。 一般的なアプリは、スマホ内の写真編集に限られますが、 このアプリはFacebook内の写真を読み取って、フォトブックを作成することができます。Androidの対応はしていません。

http://www.pimory.com/

○pimory

2014年4月にサービスが開始された、iPhone限定のアプリです。 フォトブックの写真にスマホをかざすと、 39秒間の動画が再生されるという、フォトブックと動画の連動が話題を呼んでいます。 フォトブック1冊につき動画を1つ埋め込みできるので、 ちょっと違ったフォトブックを作成したい人は、ぜひお試しください。

http://www.pimory.com/