作成目的が決まっていたら・・・

各サービスともアルバムの内容に合ったプレートを用意していますが、機能やサービス自体の特色などを総合的に見較べると目的別のおすすめしたいフォトブックは変わりますので、シーン別にご紹介しています。

 

  • 結婚式向け
  • 卒業旅行向け
  • 銀塩仕上げ・銀塩写真
  • 大量の写真をまとめたい
  • 卒園・卒業アルバム向け
  • 七五三
  •  

    コラム

    赤ちゃんが生まれたらたくさん写真を撮りますよね。最近では赤ちゃんが0~1歳になるまでの写真をまとめた「1st year photo book」を作る親御さんも増えているとか。このように毎年作るようなフォトブックを作成する場合は、統一性が大事ですし、あまり高い値段だと継続が難しい場合もあります。毎年違う会社で作ってもいいですが、できれば統一したいですよね。デザインも重要です。赤ちゃんから子供へ成長し、高校生になっても違和感のないデザインがある、そんな豊富なレイアウトの数も必須です。また、メモ帳などがレイアウトにあると、届いたフォトブックにママやパパからの一言メッセージを添えたりもできますから素敵ですね。

    これに加え、やはり印刷品質も重要です。赤ちゃんの肌はきめ細かく透明感があります。このような美しい肌質を表現するにはデジカメの品質はもちろんですが、フォトブックの印刷品質も大きく関係します。できれば電子印刷の印刷品質の高いところ、または銀塩印刷のフォトブックを選びたいものですね。

    また、共有機能がついていると尚良いですね。遠くに住んでいるおばあちゃんおじいちゃんに毎月写真を送るのは難しいですよね。しかし会社が提供する共有システムを利用すれば、自分が見せたい人にだけ見せることができるのです。このようなサービスを利用すれば家族親族はもちろん、近所のママ友と写真を共有することもできますね。