厳選しても写真が大量にある場合は?

思い出として撮った写真が大量にある場合には、どんなに厳選しても枚数を減らせませんし、せっかくたくさん撮った写真を、そのまま残したいということもあるでしょう。

多くのサービスでは、10ページ単位の増加などページ数を自由に選ぶことが出来ずにいるため、1ページ単位で自由に編集する場合には困ることが多いです。

枚数が多い場合は配置は面倒なはずなので、自動的にレイアウトしてくれる機能も付いているのが特徴です。

そのような方には大量の写真を掲載でき、ページ数も自由に選べるフォトブックは魅力的なサービスですね。

A4横長タイプ
1ページ収録数 ページ数 最大枚数
16 8~80
2Pずつ増減します。
1280

 

A5横長タイプ
1ページ収録数 ページ数 最大枚数
8 8~80
2Pずつ増減します。
640

オンデマンド印刷になりますが、専用ソフトも不要で、アルバムにした写真は、DVDにも残すことができるサービスです。

もちろん自動レイアウト機能も付いています。

”自動レイアウト”機能を上手に利用しよう!

溜まった写真はいっぱいある、フォトブックは作りたいけれど面倒だな、など様々な理由で写真を溜め込んでまとめられていない人が多くいます。しかし、そんなズボラな方にも安心なフォトブックの作成機能があるのです。その名も自動レイアウト機能です。

フォトブック作成会社のソフトなどによっては自動レイアウト機能を使って簡単にこだわりのフォトブックが作れるところがあります。自動レイアウト機能を使うには、まず「この写真は入れたい」という写真をアップロードします。そしてアップロードした写真の中でこの写真は大事!などのマークをつけておきます。これで設定は終わりです。あとは大事!マークの付いた写真は表紙やドアップ写真に持ってこられます。そのほかの写真は、上手にレイアウトされ背景の絵柄なども可愛くデコレーションされています。自分で作るなんて不安、という方もこれだけ簡単にできれば安心ですね。

あとは確認作業時に「この写真はもっと大きいほうがいいな」というのを変更したり、大事マークを付けるなどして別のレイアウトに変えたりすれば、自分好みのフォトブックが完成です。レイアウトの自由度が増し、各社さらに多くのデコレーションができる分、その需要とは逆にそれらを設定するのは面倒くさいけれど、ちゃんと作りたいという人も増えています。そういう方のために自動レイアウトツールが重宝します。ズボラな方、フォトブックを作れる自信のない方も一度試しに使用してみるとその簡単さがわかるでしょう。

⇒ ページ数も自由で大量の写真をまとめるのに便利なアスカネット・オートアルバムの特徴はこちらへ