Q&A

お問い合わせ頂く中で、よくある質問をQ&Aでご紹介いたします

最低ページ数以下でも作れるの?

作れますが、コマ不足の個所は余白となります。

ネットでつくる場合の特徴は?

写真屋さんの店舗でフォトブックをつくると即日で作れますが、文字が入れられなかったり、1ページに1枚しか写真を入れられなかったり、サイズや製本のバリエーションは限られてきます。

ネットの場合は、出来上がるまでに数日かかったり、実際に手に取れない不安はありますが、1ページに複数の写真を配置できたり、文字も入れられたり、製本なども特定の会社に縛られないので、さまざまな種類からお気に入りを選ぶことができます。

パソコンの操作が苦手なんですが・・・

従来のサービスとは全く異なる、『おまかせ!フォトブック』もあります。初回の1冊のみは満足しなければ、返品することで返金してくれるので、一度丸投げサービスを利用するのも良いかもしれません。

パソコン画面で見た感じと実物で差はあるの?

イメージに差が出るケースもあります。

原因は、ツヤツヤなディスプレイを使用していたり、画面設定が明るかったり、最適な解像度を調整していなかったりなどの、ディスプレイ環境によって見た目は変わるからです。

特に、始めて作成する方は、色の三属性(色相、彩度、明度)のうち、色の鮮やかさの尺度である彩度で少し変わる印象を受ける可能性はあります。

加えて、画像の明るさや色味などが元データに依存するといっても、どうしてもパソコンと印刷機の色の表現方法は異なりますから、若干の違いはあると思っておいた方が良いです。

自由度は良いって、どんな意味なんですかぁ???

フォトブックの自由度について ← クリック

自動補正はしない方が良いんでしょうか?

自動補正を選択すると全ページを対象とするので、必要の無い写真に思いがけない補正がかかるケースもあります。

これは、機械的に最適化しているために起きる弊害で、自動補正した場合、全ページ対象となりますから、心配であれば使わない方が良いでしょう。

もし、補正が必要であればJTrimなどのフリーソフトを使用して、一枚ずつ丁寧に補正してください。

⇒ JTrimのダウンロード先 ← クリック

フォトアルバムとフォトブックの違いは?

同じ写真をまとめるサービスですが、あえて違いを挙げると、ページを開いた時に、手で抑えずとも平らになる所です。

”アルバム”が手で抑えずとも平らに開けるのに対し、”フォトブック”は本のように開いてみる際には手で押さえる必要があります。

レイフラット方式の製本方法といい、見開きの良さが特徴的で、見開き2ページで迫力あるデザインを入れ込めるウェディング用などの製本で用いられています。

ただ、各社のサービス定義は異なりますので、100%と言い切れません。。。

作成してみての印象を一言でいうと”フォトブックは本みたい”、”フォトアルバムは写真集みたい”な感じです。

パソコンを使用しないで作成できないの?

写真屋さんの専用端末機で作成するしかありません。

ネットサービスで提供されているフォトブックで、加工編集といった複雑な機能を処理するのには、やはりパソコンが必要になります。

だだ、編集後のものをスマートフォンなどで閲覧できるサービスはあります。

急いでフォトブックをつくりたいのですが、納期はどの位になりますでしょうか?枚数は、大量で最大の1000枚程を考えています。

文字を入れたりレイアウトを凝ったりしたい場合、通常発送すると早くても5日ぐらいです。

大半の業者はデータを作成して申し込んでから、1週間~2週間で発送されるとお考え下さい。

急ぎで大量の枚数をフォトブック化したいのであれば、アスカネットの「オートアルバム」などでは、インターネットで注文した翌日(翌営業日)に発送されるので、条件を満たすと思います。

 

始めてで選ぶのに迷うのであれば、おすすめランキングを参考にして下さい。