富士フィルム イヤーアルバムのフォトブックを選んだ体験談

富士フィルム イヤーアルバムのフォトブックについて購入体験談を紹介してくださるのは、『ショウコ』さんです!

フォトブックを作成してみようと思ったキッカケは?

写真をいちいちプリントしてはりつけるフォトアルバムを作成するのが面倒になったため、自宅のパソコン上で気軽に自分の好きなレイアウトで楽しめるフォトブックを作成したいと考えました。

比較検討したときのチェックポイントは?

フォトブックはカメラのキタムラで見て興味を持ったのですが、キタムラの店頭には様々なフォトブックの見本が置いてありました。その見本を見て自分の作りたいフォトブックを選びました。やはり安いものは薄かったり印刷が綺麗じゃなかったりして微妙でした。アルバムとして長く残したいときは高いもののほうが圧倒的に良かったです。高いと言っても数千円で作ることができます。気軽に本棚に入れられる大きさかどうか、印刷がきれいかどうか、また写真が何枚入れられるか、作るのが手軽かどうかなどの点を中心に比較検討し、FUJIFILM社のYearAlbumを選択しました。

注文前に不安を具体的に教えてください。

ちゃんと綺麗にレイアウト通りプリントされるかどうかです。しかし見本を確認していたのでそんなに心配することはありませんでした。あとは納期で、あまり長いと忘れそうだなと思いました。

富士フィルム イヤーアルバムに決めたワケを教えてください。

FUJIFILM社のイヤーアルバムを選んだ決め手は、しっかりと丈夫に製本されていて、印刷がマット仕上げでとてもきれいだったからです。店頭でも作成可能だったのですが、ゆっくり作成したかったので自宅で作成して注文できるのも大きな決め手となりました。

編集時に困ったこと、面倒、不便に感じたことはありましたか?

これは結構難しかったです。すぐできる!というのが売りのようでしたが16ページ分を自宅で作っても3時間はかかりました。使い方も解かり難く、慣れるまで時間がかかりました。あと顔認証で人間を選んで写真をセレクトできるという機能があったのですが、私の顔と台湾で撮影した沢山の仏像の顔だけがピックアップされて出てきてしまったので顔認証の機能は使えませんでした。

実際に手元に届いたときの第一印象はどうでしたか?

やはり、しっかりとしたつくりで、とても綺麗に印刷されているなと思いました。本物の本のようで、分厚いアルバムとは違って気軽に本棚に置いておけるので、すぐ取り出して見ることができる感じです。

最後に、もし購入後に気になったこと・もう少しこう改良して欲しいなどあれば教えてください。

表紙や題字が可愛くないです。表紙のレパートリーがもう少し多いか、自由に変えられるといいなと思いました。題字の位置やフォントもいろんなテイストに変えられるとさらに嬉しいです。印刷がいいだけに、もしもこれで表紙が全面自由にデザインすることができたら絶対このフォトブックをヘビロテします。本当の本のようなのがこのフォトブックのいいところなので、裏表紙のサムネイルみたいなのも必要ないなと感じました。そして期間で選択できる機能は別にいらない気がします。

 

⇒ 【公式サイト】富士フィルム イヤーアルバム