愛用者の声

当サイトは、客観的な目線からサイト運営を行っていますので、さまざまなメーカーの購入体験談を紹介しています。メーカー公式サイトでは紹介されないであろう厳しい意見もそのまま掲載いたしていますが、あくまでも個人的な意見として参考になさってください。

安く・お手軽・でも貧素にしたくない!

  • 1.cocoalを選んだ理由
  • 2.しまうまプリントを選んだ理由
  • 4.デパ帳を選んだ理由
  • 5.しまうまプリントを選んだ理由
  • 6.TOLOTを選んだ理由
  • 7.cocoalを選んだ理由
  • 9.しまうまプリントを選んだ理由
  • 10.キタムラ ミニミニフォトブックを選んだ理由
  • 11.富士フィルム イヤーアルバムを選んだ理由
  • 12.カメラのキタムラ・イヤーアルバムを選んだ理由
  •  

    高くても画質にこだわりたい!

  • 3.カメラのキタムラを選んだ理由
  • 8.富士フィルムモール
  • 13.P-BOOK
  •  

    コラム

    大好きな人や家族と過ごした時間や旅行の思い出などは、時の流れとともに最高の宝物となります。デジタルカメラやスマホの普及でより気軽に写真が撮れるようになりましたが、画面で簡単に見ることができることからプリントアウトする人が減少傾向にあります。同じ写真でも実際に手にすることで、楽しかったあの時をみんなで分かち合うことができ、時の流れに沿って並べることで多彩なストーリー性を感じさせてくれるのです。これを手軽にしたのがフォトブックで、プロにお願いする方法とは別に自作で作る人も増えてきています。

    プロに依頼する場合、自分で写真を選んで渡すだけで画像の加工やレイアウトを全てやってくれますので非常に便利ですが、自作で作成すると世界に一つだけのフォトブックが出来上がるのでプレゼントにも最適ですね。自分で作るには写真屋さんやインターネット上でレイアウトし、印刷だけをプロにお願いする方法か、全て自分で作る方法があります。写真屋さんにプリントをお願いする場合は使用する写真を決めてレイアウトを施し、文字やキャラクターなど配置を考えファイリングのタイプや表紙を選びます。

    完全に自作する場合にはフォトブック作成用のソフトウエアを使ってもいいですし、自分でフォトショップやイラストレーターで加工するという方法もあります。ストーリー性を考えてお気に入りの順番に並べ、コメント欄などでデコレーションしていきましょう。写真の加工ができたらプリントアウトしてファイリングします。もしプリンターがない場合や自分では手に入らない紙質を使いたい場合はプリントアウトだけをプロにお願いするといいでしょう。